柳沢京子ウェブサイト

京子のアルバム

アトリエで作業中の柳沢京子

過去のお知らせ・コラム

2017年11月分
2017年10月分
2017年09月分
2017年08月分
2017年06月分
2017年04月分
2017年03月分
2017年02月分
2017年01月分
2016年12月分
2016年10月分
2016年09月分
2016年08月分
2016年06月分
2016年03月分
2016年02月分
2016年01月分
2015年12月分
2015年11月分
2015年10月分
2015年09月分
2015年08月分
2015年07月分
2015年06月分
2015年05月分
2015年03月分
2015年01月分
2014年12月分
2014年11月分
2014年10月分
2014年09月分
2014年08月分
2014年07月分
2014年06月分
2014年05月分
2014年04月分
2014年03月分
2014年02月分
2014年01月分
2013年12月分
2013年11月分
2013年10月分
2013年09月分
2013年08月分
2013年07月分
2013年06月分
2013年05月分
2013年04月分
2013年03月分
2013年02月分
2013年01月分
2012年12月分
2012年11月分
2012年10月分
2012年09月分
2012年08月分
2012年07月分
2012年06月分
2012年05月分
2012年03月分
2012年02月分
2011年12月分
2011年11月分
2011年10月分
2011年09月分
2011年08月分
2011年07月分
2011年06月分
2011年04月分
2011年03月分
2011年02月分
2010年12月分
2010年11月分
2010年10月分
2010年09月分
2010年08月分
2010年05月分
2010年04月分
2010年03月分
2010年02月分
2010年01月分
2009年11月分
2009年09月分
2009年08月分
2009年07月分
2009年06月分
2009年05月分
2009年04月分
2009年03月分
2009年02月分
2009年01月分
2008年12月分
2008年11月分
2008年10月分
2008年09月分
2008年07月分
2008年06月分
2008年05月分
2008年04月分
2008年03月分
2008年02月分
2008年01月分
2007年11月分
2007年10月分
2007年09月分
2007年08月分
2007年07月分
2007年06月分
2007年05月分
2007年03月分
2007年02月分
2007年01月分
2006年12月分
2006年10月分
2006年09月分
2006年08月分
2006年06月分
2006年05月分
2006年04月分
2006年02月分
2005年12月分
2005年11月分
2005年10月分
2005年09月分
2005年08月分
2005年07月分
2005年05月分
2005年04月分
2005年02月分
2005年01月分
2004年12月分
2004年10月分
2004年09月分
2004年08月分
2004年07月分

お知らせ・コラム

最新のお知らせ・コラム

2017.11.09

今年も薪が。

昨日、佐久市の春日から、薪を届けてもらいました。もっと北風がやってきても、大丈夫。遠路ありがとうございました。雨が多くて乾燥が心配と聞きました。わが家の西で太陽を浴びて乾燥して欲しいなあ。
今、アトリエでは、ペレットストーブが、もう暖かくしてくれています。まだ、炎が小さいので、音も静か。なので、私の文句もまだ出ませんが、このペレットストーブは、どうしても、燃える熱を風で送り出すので、真冬は、アトリエがボイラー室になる、と私は苦情を言うのです。付いていなくても燃えていてくれるから、感謝なんですよ、本当は。地球温暖化は、南極の氷が溶けている現象に限らず、野生の生物たちにも影響があるようで、怖い。小さな灯火に過ぎないが、やれることをやるしかないのですね。

2017.11.09 柳沢京子

2017.10.18

リサイクル運動の標語

長野市が公募したリサイクル標語の小学生の部、最優秀賞に、鍋屋田小3年生、孫の松澤リズムの標語が選ばれたのだそうです。いくつも書いたから、どれかなあ、と話していました。今日、市役所に張り出されていると聞いて、見に行って、どの標語が選ばれたのか、ようやく判ったのです。
「ごみじゃない かたちをかえて またあおう」でした。
子どもらしい行動につながるキャッチフレーズです。みんなでこのようにしたいね。
22日に、表彰式があるそうです。おめでとう。

2017.10.18 柳沢京子

2017.10.17

臼田の清集館を愛する会

10月14日に、清集館で集まりを持ちました。その誰もが、女将の都さんのファンで、89歳を超えてなお、この社会の有り様を真っ正面からとらえ、戦争は絶対に良くない、と言い切って清々しい先輩です。講師は、上田から清川輝基さんが駆けつけてくれました。「スマホ社会の落とし穴」という内容に、私たちは、この便利なスマホが、何と言う大きなマイナス要因を幼い子どもたちには、与えてしまうのかを、思い知ったのです。これらの情報器機から、発するブルーライトは、太陽を直接見た時に、私たちは瞳が、ダメージを受けることは知っていました。それと同じ光りだったのです。幼い時に受けたダメージが、将来に大きな後悔をもたらすのであれば、いま、これは、タバコやアルコールと同様に、年齢制限を決めるべきことです。
いくら便利であっても、子どもたちの健康を害してはなりません。これから、この問題を、自分の問題として、踏み込もう、とそこに集まった誰もが覚悟を確認しました。大事な問題が、また清集館で確認し合えた第一回「愛する会」でした。

2017.10.17 柳沢京子

2017.09.25

切り絵アート展

昨日で、終了になりました。大勢のご来場をいただき、誠にありがとうございました。
切り絵が、こんなにも個性豊かであることを、私のホームグラウンドである長野市でご覧いただけたことは、本当に幸せでした。水野美術館さんに心から感謝申し仕上げます。門に、楽しい輪の重なるオブジェを配していただき、ここで写真を撮る方も多かったです。私も、身延の切り絵の森美術館から、各地から結集できた作家さんたちと撮りました。美しく整備された庭のたたずまい、館内の展示、気持ち良く鑑賞出来る素晴らしい環境でした。ありがとうございました。次の巡回は福岡県立美術館です。
この刺激をいかして、第15回灯明まつりの灯り絵に、奮ってご応募ください。

2017.09.25 柳沢京子

2017.09.20

9月30日土曜日

午後2時から、ながの東急シェルシェ平安堂でお会いしましょう。「一茶365+1きりえ」にサインをさせていただきます。
いつもの、ヤナギのサインだけでは、わざわざお越しいただくので、申し訳ないと考えました。アカトンボを飛ばせていただきます。ヤナギの葉っぱも、すこし秋色にして。50人限定というので、そのくらい時間が掛かっても、やらせていただきたいな、と意気込んでおります。どうぞ、お出かけください。お気持のある方は、予約が必要みたいです。その日は、孫の通うあけぼの幼稚園の運動会が朝からありますが、2時からは、時間はゆったりあります。しっかり秋のサインを練習して参ります。お待ちいたしておりまーす。
この本は、製本が素晴らしいのです。厚い本ですがどこから開いても、気持よくそのページが読めます。毎日が、記念日。ご家族の記念日を、お探しください。一茶の俳句に、きりえに出会ってみてください。

2017.09.20 柳沢京子

前のページへ戻る

build by phk-imgdiary Ver.1.22