柳沢京子ウェブサイト

京子のアルバム

アトリエで作業中の柳沢京子

過去のお知らせ・コラム

2018年08月分
2018年06月分
2018年05月分
2018年04月分
2018年03月分
2018年02月分
2017年12月分
2017年11月分
2017年10月分
2017年09月分
2017年08月分
2017年06月分
2017年04月分
2017年03月分
2017年02月分
2017年01月分
2016年12月分
2016年10月分
2016年09月分
2016年08月分
2016年06月分
2016年03月分
2016年02月分
2016年01月分
2015年12月分
2015年11月分
2015年10月分
2015年09月分
2015年08月分
2015年07月分
2015年06月分
2015年05月分
2015年03月分
2015年01月分
2014年12月分
2014年11月分
2014年10月分
2014年09月分
2014年08月分
2014年07月分
2014年06月分
2014年05月分
2014年04月分
2014年03月分
2014年02月分
2014年01月分
2013年12月分
2013年11月分
2013年10月分
2013年09月分
2013年08月分
2013年07月分
2013年06月分
2013年05月分
2013年04月分
2013年03月分
2013年02月分
2013年01月分
2012年12月分
2012年11月分
2012年10月分
2012年09月分
2012年08月分
2012年07月分
2012年06月分
2012年05月分
2012年03月分
2012年02月分
2011年12月分
2011年11月分
2011年10月分
2011年09月分
2011年08月分
2011年07月分
2011年06月分
2011年04月分
2011年03月分
2011年02月分
2010年12月分
2010年11月分
2010年10月分
2010年09月分
2010年08月分
2010年05月分
2010年04月分
2010年03月分
2010年02月分
2010年01月分
2009年11月分
2009年09月分
2009年08月分
2009年07月分
2009年06月分
2009年05月分
2009年04月分
2009年03月分
2009年02月分
2009年01月分
2008年12月分
2008年11月分
2008年10月分
2008年09月分
2008年07月分
2008年06月分
2008年05月分
2008年04月分
2008年03月分
2008年02月分
2008年01月分
2007年11月分
2007年10月分
2007年09月分
2007年08月分
2007年07月分
2007年06月分
2007年05月分
2007年03月分
2007年02月分
2007年01月分
2006年12月分
2006年10月分
2006年09月分
2006年08月分
2006年06月分
2006年05月分
2006年04月分
2006年02月分
2005年12月分
2005年11月分
2005年10月分
2005年09月分
2005年08月分
2005年07月分
2005年05月分
2005年04月分
2005年02月分
2005年01月分
2004年12月分
2004年10月分
2004年09月分
2004年08月分
2004年07月分

お知らせ・コラム

最新のお知らせ・コラム

2018.08.03

火星は、良く光って。

昨夜、寝つかれないまま、開けたままの窓を見ると、上弦の月が西に沈もうとしていました。オレンジがかった黄色でした。今夜の火星は、と起き上がって窓から南の方を見上げましたら、まだ美しく輝いて、存在は大きいです。あまりオレンジ系の黄色ではありませんでした。今夜行くはずだった池袋の芸術劇場のコカリナコンサートを、想いました。もう、終わって2時間以上経っているかなあ、ああ、聴きたかったなあ、と。
さくら国際高校東京校のダンス部が出演し、きっと奇跡の一本松から産まれた布を纏って舞わせて貰ったはずなのです。
練習をどれほどやるのでしょう、あそこまで達するには。猛暑なんて、言っていられない・・・・。すっかり意気地が無くなってしまったた自分に悲しい慰めを、自分で言いながら、涼しい風が運んで来てくれた眠気を素直に受け入れました。グー、グー、グー
今日は、一日、「いのちいろはかるた」が冊子になる原稿の校正に熱中しました。

2018.08.03 柳沢京子

2018.08.02

8月の展覧会は、安曇野と長野。

かんてんぱぱ安曇野店のギャラリーで、8月10日〜19日まで。ながの東急美術サロンは、8月30日〜9月5日まで。昨年からはじめた「わが家の守り、のゝさま展」を開催します。自然への賛歌になっています。今日案内状を送り出しました。
今年の夏の猛暑や豪雨の異常さは、地球がおかしくなっているとしか思えません。そんな時には、天に向かって、月に祈ります。私たちが、温暖化にストップを掛けるためには、気を付けなければならないことがたくさん有ることは判っています。わずかなことしか出来ていません。でも、月、そう、のゝさまに、お願いしてしまいます。地球の自然現象が異常では困ります、お守りください、と。
昨夜10時ころの月は、西に沈みかかっていました。欠けていました。もう、逆走の台風は困ります、とだけ祈りました。火星は、1番近かった夜から2番目でしたが、まだ南東に輝いていました。オレンジがかったの黄色でした。

2018.08.02 柳沢京子

2018.06.30

決勝トーナメントに行ける。

サッカーのポーランド戦は、別のチャンネルのコロンビアとセネガル戦がゼロ対ゼロの戦いだったので、あと1点は、必ず取れる、行って、行って、と声援を送っていました。追いつく技を持っているんだから、同点にしてくれるはず、とーーー。
あ、コロンビアが1点入れた、となった瞬間、うちの話も、このままでいた方が、間違いなく行けるんだよ、決勝トーナメントに。と言うんですね。
えーーっ、1点取りに行けるよ、日本なら、と言っている間に、画面はもう、パス廻しになっていました。残された時間の長かったこと。もう、セネガルが1点入れたら、お終いだーーーと、そこに集中。こんな勝負もヤムを得ないこと、学びました。
前に勝っても、行けなかったことがあったんだよ、と聞かされながら・・・・
ああ、そう言えば、2002年、私は手遅れになりそうだった盲腸で入院中、サッカーのおかげで明るい入院生活だったことを思い出しました。その時、ベルギーとは、2−2の引き分けだったこと、新聞で知りました。跳ね返せ、勝てるよ!!!

2018.06.30 柳沢京子

2018.05.29

ラオスフェスティバルは、快晴。

朝、7時22分のあさ真に乗った。小学校入学祝いの1年生。姉は4年生。昨年、私がフクロウに逢いたかった時に、一緒に新宿へ連れていったので、姉は、二度目。車も何も酔ったことは無いのが姉。下は、車酔いをするので、新幹線がどうなのか、心配はあった。しかし、おやつをそれぞれのジップロックに持参。席に座るや、ねえ、おやつ食べよう、と声を掛け合っていた。一切酔いは無し。
東京から原宿へ。そこから代々木公園へ。ラオスフェスティバルは、カラフルだ。早いので、まだ準備中のブースが多い。その間に、偶然グリーンのオウムを連れたカップルと出会った。親切にも、遊ばせてくれた。フクロウに逢いたい、ともふもふ喫茶行きをねだっていた二人は、このオームと遊ばせてもらって、大満足。写真もたくさん撮った。ラオスの鳥と勘違いしたかもしれないが、あとは、ダンス、音楽、そして香辛料の利いた食事が、二人をもてなした。
ラオスの歌手の歌を聴いて、上手だね。ダンスの手のしなりを、自分の手で真似ていた。特に、ラオスらしいカラフルな夏のサンドレスを選んで、自分のおみやげに買った。イモリや象のぬいぐるみは、すでに現地からのおみやげで持っているので、いつもより、欲しがらない。記念品にいただいたラオスビールが、父親へのおみやげになった。

2018.05.29 柳沢京子

2018.05.08

息を飲む繊細美、切り絵アート展

福岡県立美術館で開催中です。沖縄浦添市美術館、長野の水野美術館に続く、三会場目。毎日新聞の福岡支社さんが、企画の元締めなので、福岡が、沸点まで湧き上がっていることは、目に浮かびます。どちらかというと、繊細美から、ちょっと脇にいる私は、何をどう描くかに、自分の意欲を最も注ぎます。そんな絵を、福岡の皆さまにも、読み取っていただけますよう願っています。何しろ、自分に与えられた指針は、ヘタはネバル、上手はキル、名人はハナレル・・・・です。まだまだ、名人にはなれずにいまーす。6月3日までです。

2018.05.08 柳沢京子

前のページへ戻る

build by phk-imgdiary Ver.1.22