柳沢京子ウェブサイト

京子のアルバム

アトリエで作業中の柳沢京子

過去のお知らせ・コラム

2018年04月分
2018年03月分
2018年02月分
2017年12月分
2017年11月分
2017年10月分
2017年09月分
2017年08月分
2017年06月分
2017年04月分
2017年03月分
2017年02月分
2017年01月分
2016年12月分
2016年10月分
2016年09月分
2016年08月分
2016年06月分
2016年03月分
2016年02月分
2016年01月分
2015年12月分
2015年11月分
2015年10月分
2015年09月分
2015年08月分
2015年07月分
2015年06月分
2015年05月分
2015年03月分
2015年01月分
2014年12月分
2014年11月分
2014年10月分
2014年09月分
2014年08月分
2014年07月分
2014年06月分
2014年05月分
2014年04月分
2014年03月分
2014年02月分
2014年01月分
2013年12月分
2013年11月分
2013年10月分
2013年09月分
2013年08月分
2013年07月分
2013年06月分
2013年05月分
2013年04月分
2013年03月分
2013年02月分
2013年01月分
2012年12月分
2012年11月分
2012年10月分
2012年09月分
2012年08月分
2012年07月分
2012年06月分
2012年05月分
2012年03月分
2012年02月分
2011年12月分
2011年11月分
2011年10月分
2011年09月分
2011年08月分
2011年07月分
2011年06月分
2011年04月分
2011年03月分
2011年02月分
2010年12月分
2010年11月分
2010年10月分
2010年09月分
2010年08月分
2010年05月分
2010年04月分
2010年03月分
2010年02月分
2010年01月分
2009年11月分
2009年09月分
2009年08月分
2009年07月分
2009年06月分
2009年05月分
2009年04月分
2009年03月分
2009年02月分
2009年01月分
2008年12月分
2008年11月分
2008年10月分
2008年09月分
2008年07月分
2008年06月分
2008年05月分
2008年04月分
2008年03月分
2008年02月分
2008年01月分
2007年11月分
2007年10月分
2007年09月分
2007年08月分
2007年07月分
2007年06月分
2007年05月分
2007年03月分
2007年02月分
2007年01月分
2006年12月分
2006年10月分
2006年09月分
2006年08月分
2006年06月分
2006年05月分
2006年04月分
2006年02月分
2005年12月分
2005年11月分
2005年10月分
2005年09月分
2005年08月分
2005年07月分
2005年05月分
2005年04月分
2005年02月分
2005年01月分
2004年12月分
2004年10月分
2004年09月分
2004年08月分
2004年07月分

お知らせ・コラム

最新のお知らせ・コラム

2018.04.05

記念会の余波。

良い会でした、多くの出会いがうれしかったです、と言っていただいています。お世話になりました。達筆のお手紙をいただき、その文字の美しさにも、感動しながら、記念会のうれしい余波に浸っています。
私の頸椎症は、今日が一番快方へ向かっている感覚を感じさせました。きっと良くなるという実感があり、午後一番の治療に行き、さらに良くなるよう、気分を盛り上げています。見上げてはいけない、肩こりは溜めない。休息が大事と言われました。
そして、今日は、孫のポエムが鍋屋田小学校へ入学しました。自慢は薄紫色のランドセルです。歯医者さんでも、検査の先生に話したそうです。なぜ、この色???・・・・
それは、アナと雪の女王に魅せられてから、ドレスもその色、大好きになったのです。
明日から、風雨もなんのその、ガンバレー、ポーちゃん。元気に一年生!!

2018.04.05 柳沢京子

2018.04.03

さすが、星野代表。

4月1日、エイプリールに、「一茶365+1きりえ」という長いタイトルの出版記念会があり、記念講演星野リゾート代表の星野佳路さんでした。
机が入ると、200人規模の講演会は、大きな会場になるんですね。若里のホールとかでしたら、300人でも、スキスキでしょうが・・・・・。
スキーをせんとや生まれけん、なのだそうですね。先ずスキーの日程を取り、その他に仕事を埋める。この一筋の道を目指すことこそ、あのエネルギーが湧くんだと理解できました。雑誌KURAの信濃にやか、この座談会でお話し、そこから10数年。瞬くくらいの間に、36以上の施設を運営しているんですね。
鋭く、世界を見据えた発想。ひと言で言い尽くせませんが、日本の観光の未来をこの代表が、引っ張ることになるならうれしい、と思える半日になりました。

2018.04.03 柳沢京子

2018.03.31

明日は、出版記念会

一茶365+1きりえ、という一冊の出版記念会が明日になりました。本の発刊は、昨年水野美術館の切り絵アート展に間に合うように、完成しました。
1年365日は、どの日も誰かの記念日です。私は2002年7月1日から、毎日の絵を刻み始めました。はじめは、少しずつ動きを変えた絵にしたため、毎日柳の絵。七夕の日に注文が入り、それで、絵ががらっと変わりました。自分が楽しくて、このように注文が無くても、自由に創作する道があったことに気持ちが弾んだことを思い出します。
やがて、誕生日の絵のご注文をいただくようになり、市町村、企業などの注文に頼っていた時代から、個人の注文も受けられる幅が広がったシリーズ。この1年の絵に、一茶の俳句を選んで見た試みが、さらに豊富な情報を得て1冊にまとまっています。
3月11日というあの大地震、津波の襲った日に、紀尾井ホールで、コカリナコンサート。前から4列目で聴き、その後平河町まで、はじめて東京のビル街の散歩。見上げて見上げていました。翌朝から、何と頸椎症だったのデーース。トホホ。

2018.03.31 柳沢京子

2018.03.26

カルミナ・ブラーナコンサート

25日、長野芸術館で開催されました。鍋屋田小学校と南部小学校の合唱班の子どもたちも出演させてもらいました。
11世紀の南ドイツの修道院に置かれていた「思ひで帳」に綴られた詩が、19世紀になってから編纂され、カール・オルフによって作曲された24曲。
小学生は、これから大人になって、この熱い恋愛などドイツ後のコンサートに参加した思い出が、どのように花開くか、ちょっと楽しみです。小学3年生の孫は、前日の総練習で極限の緊張をしたようです。舞台上で座ってしまいました。
貧血の体験があったので、目の前の感じで危ない、と思い切って座ったんだそうです。
その勇気を誉めました。本番にそうなったら困る、という不安で、夜なかなか寝つかれなかったようでした。でも、本番は、無事に歌えました。ありがとうございました。

2018.03.26 柳沢京子

2018.03.18

孫の乳歯、前歯が抜けました。

今朝一本抜け、午後、うちで遊んでいると、ぐらぐらしていたもう一本を抜きたいと言い出したのです。そうはいうものの、さあ、というと泣き出しました。母親と私の二人がかりで、えいやっと、抜きました。4年間通った幼稚園。明日の卒園式は、もう安心です。歯が生えた、と大騒ぎした日が、この間だと思っているのに、もう4月には小学校入学です。持ち物の袋ものたち、折りを見て縫うのが、私の楽しみです。
今どきは自分が好きな色を選びたい、と言って、ランドセルは青紫系を選びましたから・・・・。縫う袋たちも、赤や青ではありません。オシャレな色目デーース。

2018.03.18 柳沢京子

前のページへ戻る

build by phk-imgdiary Ver.1.22